So-net無料ブログ作成
検索選択

箱根山 噴火警報レベル2は安全?危険?

2015年5月6日の朝、【箱根山】の噴火警報レベルが2
まで上がりました。


噴火】というと【御岳山】の噴火が思い起こされ
かなり警戒してしまいますよね


今回は噴火警報レベル2の危険性
ついてまとめて見ました。



スポンサードリンク






噴火警報レベル




噴火警戒レベルには
火山活動の状況に応じた


警戒が必要な範囲


防災機関や住民等のとるべき防災対応


を5段階で分けてあります。



今回【箱根山】に掛けられた【噴火警報レベル2】とは
火口周辺を対象に生命の危険が及ぶ噴火が感性する 可能性がある状態


ちなみに【御嶽山】の噴火は【噴火警報レベル3】
居住域の近くまで重大な被害をもたらす可能性がある
でした。



スポンサードリンク






【御岳山】の噴火では隕石が720キロの速さで飛んで10cmの
岩でも大けがの危険がある
状態でしたが現在の【箱根山】でも最大50cmの隕石を降らせる
可能性がある小規模な水蒸気爆発の可能性があるそうです。


つまり現在は山の周りに近づかなければ危険は無いが
火口の周りに近づけば生命の危険がある状態です。


今後【噴火警報レベル】引き上げの可能性



箱根山が今後【噴火警報レベル3】になる可能性に
ついてですがあるみたいです


気象庁では今後の地殻変動・地震の活発化により
噴火警報レベル3】へ引き上げる可能性があるそうです



今後さらに危険範囲が広がる可能性があるので
【箱根山】の噴火には注意が必要です。
誰も怪我せず山が落ち着いてくれるのを祈ります。



スポンサードリンク



プリンセツカヤ なぜ「20世紀最高のバレリーナ」だったのか?

20世紀最高のバレリーナと呼ばれたマイヤ・プリセツカヤさんが
心臓発作のためドイツで89歳の生涯を閉じました。

なぜ、彼女が「20世紀最高のバレリーナ」だったのか

今回は追悼の意味も込め振り返っていきたいと思います。


20世紀最高のバレリーナ 【マイヤ・プリセツカヤ】





1925年にモスクワの地で誕生。

1934年にモスクワの帝室バレエ学校
エフゲニヤ・イワノヴナ・ドリンスカヤ
のクラスに編入しバレエを始める。

1年目で「軍縮会議」という演目の中国人役で舞台に立つ。

その後65歳まで現役で活躍し続けたが65歳
ボリショイ劇場のソリストを退いた

しかしその後も各国に招かれて舞台に立ち続け
振り付けや演出にも取り組み一生をバレエに捧げました。


日本のバレエ界にもかなり発展に貢献されて40回も来訪していました



スポンサードリンク






多くの人を虜にしたバレエ



ネット上で見てみると【プリンセツカヤ】さんが
踊ったものの中でも「瀕死の白鳥」が心を打ったそうです。

「瀕死の白鳥」



どうでしょうか?
画像は荒いですが「あの人は腕の関節がない」と
いわれるほどしなやかな動きがわかると思います。

この映像は1976年に撮られたものですが
このダンスと引けを取らない動きを70歳の
時でも見せていたとか・・・

素晴らしい才能です。


人の心を打つ名言



その89歳という長い年月の中で
常に、自分がなぜそこにいるのか、 意味を考えなさい

という言葉を残されました。

深い言葉だと思います。



スポンサードリンク






多くの人に与えた影響



そのバレエ多くの人が感動し涙を流した.

そんなバレリーナだったプリンセツカヤさんの
訃報にTwitterでも多くの人の惜しむコメントが
つぶやかれていました。



















本当に惜しい人を亡くしました。
ご冥福をお祈りします。



スポンサードリンク



渋谷トラベルプラザ営業停止!返金の可能性は?!

東京渋谷区にある格安旅行会社「渋谷トラベルプラザ」が
月1日付で営業停止をしました。

楽しく過ごそうとしたゴールデンウィーク
こんな形で裏切られお金まで
取られたのではわりに合わない・・・

6058a773aaf4cfd7dfde7a932eaf330b_s.jpg

返金してもらうには?
調べてみました。


一部しか返ってこない返金額



今回の渋谷トラベルプラザチケットの営業停止で
チケットが届かない人について

都の窓口というところに申し出れば旅行代金の
一部が返金されるそうです。


東京の観光公式サイト

https://www.gotokyo.org/jp/administration/h27/20150501_2.html



スポンサードリンク






全額返金の可能性




今回『渋谷トラベルプラザ営業停止』
という形でトラブルに巻き込まれました。

実は去年にも同じように旅行会社が営業停止し
今回とほぼ同じようになりました。
その時の話を参考までに。


スポンサードリンク






2014年の夏休み旅行会社レックスロードが業務停止
客から預かった代金を持ったままトンズラしました。

今回と同じように
「代金を振り込んだものの航空券が届かない」
「連絡が取れない」などのクレームが相次ぎ
中には100万円以上の代金を振り込んだ人も。

その時の場合ですがリクルート社のエイビーロード(ABR)
が旅運営する行検索・比較サイトをを経由しに代金を
払っていた場合は全額返金に応じたそうです。

807ea83654ff6b077b4d07007a8b7683_s.jpg


まだまだ全額返金をあきらめるのは早いかも?!




スポンサードリンク